2.5LクラスのFFセダン(カムリ・ティアナ・アコード・アテンザ・キザシ)を比較してみる

ここでは2012年10月現在で現行車である2.0L~2.5L以下のセダンのうち、駆動方式が前輪駆動(FF・FWD)のものを集めて比較してみます。例によって表の都合で絞られてしまうのですが、今回はAVV50型カムリ・J32型ティアナ・CU2型アコード・GH5FP型アテンザ・RE91S型キザシの5車種で進めていきます。

2500ccクラスかつ前輪駆動のセダン
メーカートヨタ日産ホンダマツダスズキ
車名&リンクカムリティアナアコードアテンザ セダンキザシ
グレードHybrid250XE24E25EXBaseGrade
イメージ
製造開始2011/092008/062008/122008/012009/10
車両型式AVV50J32CU2GH5FPRE91S
駆動&変速FF, CVTFF, CVTFF, 5ATFF, 5ATFF, CVT
新車価格304.0万円257.5万円270.0万円250.0万円278.8万円
全長(室内長)4825 (2080)4850 (2095)4730 (2015)4735 (2015)4650 (2040)
全幅(室内幅)1825 (1525)1795 (1510)1840 (1530)1795 (1495)1820 (1500)
全高(室内高)1470 (1210)1475 (1215)1440 (1165)1440 (1190)1480 (1185)
装着タイヤ215/60R16205/65R16225/50R17195/65R16235/45R18
最小回転半径5.5m5.3m5.5m5.4m5.5m
車両重量1540kg1490kg1500kg1430kg1490kg
エンジン型式2AR-FXEVQ25DEK24AL5-VEJ24B
配列形式直列4気筒V型6気筒直列4気筒直列4気筒直列4気筒
排気量2493cc2495cc2354cc2488cc2393cc
最高出力160/5700185/6000206/7000170/6000188/6500
最大トルク21.7/450023.7/440023.7/430023.0/400023.5/4000
リッター馬力64.2ps/L74.1ps/L87.5ps/L68.3ps/L78.6ps/L
パワーウェイト9.63kg/ps8.05kg/ps7.28kg/ps8.41kg/ps7.93kg/ps
10-15モード燃費26.5km/L12.6km/L11.8km/L12.8km/L12.6km/L
JC08モード燃費23.4km/L11.2km/L11.4km/L
航続距離1521.0km882.0km728.0km729.6km793.8km
100km/h回転数-10rpm1590rpm2030rpm2150rpm1810rpm
100km/h回転数-22速-5780rpm2速-5980rpm
  • 各車両の詳細は車名にあるリンクより個別記事をご覧ください。
  • 100km/h回転数-1は最も高いギヤ比で時速100kmを出したときの回転数。
  • 100km/h回転数-2は暫定レブ以下で時速100kmを出せる最も低いギヤとその回転数。

この中ではカムリのみがハイブリッドカーとなっているので、車両価格も燃費も頭ひとつ抜き出ています。車両重量も1500kgの壁を超えていますが、他車と比べてモーターとバッテリーで重量が嵩む割には頑張っているように見えます。

このクラスになると全幅が1700mm台どころか1800mmの大台に乗るのが当たり前になってきており、実に堂々としたスタイルをしています。個人的などうでもいい話で恐縮ですが、ここまで大きいとはっきり言ってまともに運転できる自信がないので、いかに魅力的な車が登場しようとも「いいなあ‥でもなあ‥」とか思っているうちに生産が終了してアコガレの一台としてノミネートされるに違いありません。

エンジンの性能ではアコードのK24A型が唯一の200馬力超えをしており、リッター換算馬力でもパワーウェイトレシオでも優れた数値を記録しています。これに続くのは意外なところでキザシの188馬力、僅差でティアナの185馬力、少し離れてアテンザの170馬力、カムリの160馬力と並びます。ただカムリはエンジン出力こそ低いものの、ハイブリッドカーなのでs瞬間的な動力性能は格上になると思われます。

航続距離ではハイブリッドカーの強みを活かしてカムリの独壇場、ティアナが900kmに迫る勢い、やや遅れてキザシが800km、残りの2台は700km台の前半でほぼ横並びです。が、ティアナとキザシは10・15モード燃費での算出なので実際はアコード、アテンザと同程度になるかもしれません。

時速100kmでの回転数ではティアナが約1600回転という驚きの低さ、キザシが1800回転でなかなかの低さです。この辺りCVTの強みというか特性というか、そんな感じのものが出ており、アコードとアテンザの5AT勢は2000回転を超えています。カムリのギヤ比は不明なので数値は算出できていません。

というわけで〆に入りますと、ひと癖もふた癖もあるような車がお好きな方なら問答無用でスズキのキザシ、これに勝る車はありません。何を勘違いしたのか235/45R18などというスポーツカー顔負けのタイヤを装着するところも魅力です。キザシなる車を知っている人限定になるかも分かりませんが、まず見た瞬間に「おおっ!?」と思われることは必定で、「今の見た?スズキのキザシ、あれマジでスズキのキザシ!」と話題の中心になることでしょう。嫌味とかネタじゃなく本気でイチオシです。

コメントは停止中です。