ダイハツ キャスト スポーツの性能まとめ [LA260S型|0.66L/64PS|4WD/CVT|2015年] Sport SA-II


 画像はダイハツ工業より引用
 http://www.daihatsu.co.jp/

ダイハツ工業の5ドア・4人乗り軽ミニバン、LA260S型の初代キャスト スポーツは2015/09から生産(または販売)が開始されました。ここでは2015/10モデルにある[Sport SA-II]というグレードのカタログスペックを基に、数値から見た性能をインプレおよび評価・解説してみます。

ボディサイズが全長3395mm×全幅1475mm×全高1600mm、排気量は658ccであることから、大雑把に分類すると軽自動車クラス(軽四輪、軽自動車税を適用)に属した車です。走行性能や衝突安全性は普通車に敵わないものの、その圧倒的な経済性は他の追随を許しません。

ちなみに、車体形状や用途に関係なく全長のみを基準とした分類方法で各セグメントに当てはめると、全長が3395mmであるこの車の場合は「ミニ」(Mini 3500mm以下 Aセグメント相当)に属します。※国や時代によって基準は異なります

車両に備わる全てのタイヤを駆動する、いわゆるAWD方式(All Wheel Drive・Four Wheel Drive)を採用しています。真っ直ぐ進むことに掛けては右に出る者なしとされ、大雨、強風、泥濘、降雪、凍結など天変地異による悪天候下や悪路にて無類の強さを発揮する安心の駆動方式です。

LA260S型 キャスト スポーツ [658cc/64PS 4WD/CVT] お品書き

ページが長大でどうにもならないため、ページ下部の項目にジャンプできるようなものを作りました。

エンジン性能と特性、パワーウェイトレシオ

ギヤ比と加速力&エンジン回転数と最高速

タイヤサイズ変更とスピードメーター誤差

各種スペックの相対評価とレーダーチャート

初代キャスト スポーツの類型&他グレード

  • 吸気方式のNAは自然吸気、TBはターボ、SCはスーパーチャージャー、TSはTB+SCの略
  • ※燃費の文字が赤色のものはレギュラーガソリン、青色のものはハイオクガソリン、緑色のものは軽油を燃料とするエンジンを搭載した車種
画像排気量
車両価格
車両型式
グレード
出力
燃費
0.66L-TB
FF/CVT
162.0万円
LA250S型
[Sport SA-II]
(2015/10)
64PS
9.4kgm
24.8km/L
0.66L-TB
FF/CVT
151.7万円
LA250S型
[Activa-G Turbo SA-II]
(2015/09)
64PS
9.4kgm
27.0km/L
0.66L-TB
FF/CVT
151.7万円
LA250S型
[Style-G Turbo SA-II]
(2015/09)
64PS
9.4kgm
27.0km/L
0.66L-TB
4WD/CVT
164.7万円
LA260S型
[Activa-G Turbo SA-II]
(2015/09)
64PS
9.4kgm
25.0km/L
0.66L-TB
4WD/CVT
164.2万円
LA260S型
[Style-G Turbo SA-II]
(2015/09)
64PS
9.4kgm
25.0km/L
初代キャスト スポーツの車両型式・グレード一覧【全10車種】

主要諸元とエンジン諸元

主要諸元
メーカー DAIHATSU
車名&
グレード
キャスト スポーツ
Sport SA-II
その他
お値段 1744200円
車両型式 DBA-LA260S
駆動&
変速機
4WD(AWD,四輪駆動)&
CVT(無段変速機,連続可変T/M)
ドア数&
定員
5ドア
4人
車体寸法 長3395×幅1475×高1600mm
室内寸法 長2005×幅1320×高1245mm
軸距&
輪距
2455mm
前1305mm/後1265mm
最小半径 4.7m
最低高 145mm
タイヤ 前165/55R15 後165/55R15
ブレーキ 前ベンチレーテッドディスク
後ドラム
車両重量 900kg
エンジン諸元
原動機型式 KF-DET
気筒配列 直列3気筒
排気量 658cc
圧縮比 9.5
吸気方式 ターボ
最高出力 64PS(47kW 63HP)/6400rpm
最大トルク 9.4kgm(92Nm)/3200rpm
使用燃料 レギュラーガソリン
JC08燃費 24.6km/L (57.9mpg)
100km燃費 4.1L/100km
※直列3気筒とは‥シリンダを真っ直ぐ一列に3個配置する方式。小排気量のスタンダード。
KF-DET型エンジンの諸元と性能まとめ
※直列3気筒の最高出力ランキング

税金と年間維持費のシミュレーション

ここでは、春になると毎年欠かさず支払いを催促される軽自動車税(10800円)、払わなければ車検を受けさせてもらえない自動車重量税(3300円/年)と自賠責保険料(13185円/年)、年間1万km走行した際に掛かる燃料代月額4000円の任意保険に加入し、走行5000km毎にエンジンオイル交換、3年3万km毎にタイヤ交換するとしたときの年間維持費(ランニングコスト)を見てみます。

さらに、キャスト スポーツの新車を200.6万円(諸費用として26.2万円を加算)にて購入し、頭金なしで4年ローンを組んだと仮定したときの年間支払額(金利分は含まず)も踏まえて、上記の維持費と合算した場合の想定維持費も計算してみました。

  • ローンの年数については月額5万円の支払いを基準として、ローンの支払額が60万円以下は1年、120万円以下は2年、180万円以下は3年、240万円以上は4年、それ以上は5年としています。
  • 任意保険の金額については特に根拠のない一例です。具体的な掛け金は運転者の年齢や家族構成、年間走行距離、保険内容、車両保険の有無等によって大きく異なります。
  • 保険スクエアbang!では最大20社より自動車保険料の比較・検討が可能です。

新車で買った場合の年間維持費

名目 区分 金額
自動車税(1年分) 軽自動車 13年未満 10800円
自動車重量税(1年分) 軽自動車 13年未満 3300円
自賠責保険料(1年分) 軽自動車 13185円
燃料代(年間1万km) 10000km÷24.6km/L×150円/L 60980円
オイル交換(5000km毎) 1回3500円×2回 7000円
タイヤ交換(3年3万km毎) 1本10000円×4本÷3年 13330円
任意保険料(月額4000円) 月額4000円×12ヶ月 48000円
ローン完済後の年間維持費 156595円
名目 区分 金額
車のローン額(1年分) 月額41780円×12ヶ月 501360円
ローン返済中の年間維持費 657955円
次回車検費用の積み立て目安
重量税2年分+自賠責24ヶ月分+検査手数料等3000円程度 35970円
  • 平成25年4月1日からの自賠責保険料の改定に対応。
  • 平成27年4月1日からの自動車税の割増(10%増→15%増)に対応。
  • 平成28年4月1日からの自動車重量税の変更に対応、
    ただし今流行のエコカー減税(自動車税、自動車重量税等の減免)には対応できていません。
  • 燃料消費率が緑文字のものはWLTCモード燃費、青文字のものはJC08モード燃費、赤文字のものは10・15モード燃費に0.8を掛けたもの。
  • 車検時には上記の目安金額35,970円の他に法定24ヶ月点検に関連する費用が必要です。
  • 名目にある金額の基準は、年間維持費の算出基準まとめ をご覧ください。

今にも壊れそうな格安車から少しステップアップすると月換算で1~2万円の間、年間にすると12~24万円のクラスです。この車の場合、月単位に換算して13,050円(完済前は54,830円)になります。「廉価車にしか乗れなかった自分が、ついにこれだけの維持費が掛かる車を所有できるようになったのだ、新しい自分になれたのだ。あの頃のアタシ、サヨナラ…」とかいう謎のカタルシスに浸れるのがこのクラスです。普通に使う分には何ら問題のないバランスの取れたクラスではないかと思います。

キャスト スポーツの中古車をGoo-netで検索!

1km走行コストと月間&年間交通費

距離/日費用/日月換算年換算
10km60円1300円1.6万円
20km120円2600円3.1万円
30km180円4000円4.7万円
50km310円6800円8.1万円
100km610円13400円15.9万円

さて、レギュラーガソリン1リットルの燃料価格を150円、燃費を24.6km/Lとしたとき、1km走行あたりのコストは6.10円になります。

たとえばこの車を通勤車とした場合、1日の走行距離が10kmなら燃料代は60円/日となり、20km走行なら120円/日、30km走行なら180円/日、50km走行なら310円/日、100km走行なら610円/日かかる計算です。

1か月の労働日数を22日として計算すると、通勤距離が10kmなら月間の走行距離は220kmで燃料代は1300円/月、20kmなら440kmで2600円/月、30kmなら660kmで4000円/月、50kmなら1100kmで6800円/月、100kmなら2200kmで13400円/月かかります。

1年間の労働日数を260日とすると、通勤距離が10kmなら年間の走行距離は2600kmで燃料代は1.6万円/年、20kmなら5200kmで3.1万円/年、30kmなら7800kmで4.7万円/年、50kmなら13000kmで8.1万円/年、100kmなら26000kmで15.9万円/年となります。

1年間のランニングコスト(年間維持費) ランキング
新車の軽自動車ターボの軽自動車ダイハツ編(軽)


カタログスペックから見えてくる要素

KF-DET型エンジン簡易性能曲線図
KF-DET型エンジン性能曲線図もどき
各回転域での馬力
3200回転時の馬力 42PS
6400回転時の馬力 64PS
各回転域でのトルク
3200回転時のトルク 9.4kgm
6400回転時のトルク 7.2kgm
KF-DET型エンジンの諸元と性能まとめ

まずおさらいとして、搭載しているKF型658cc、直列3気筒のターボエンジンは6400回転時に最高出力64馬力を、3200回転時に最大トルク9.4kgmを発生します。

馬力と回転数が分かればトルクが、トルクと回転数が分かれば馬力が計算できますので、それぞれの点と点とを線で繋いでパワーカーブとトルクカーブのエンジン性能曲線図もどきを作ってみました。

トルクの山が中央より左にあるか右にあるかを基準にしてエンジン特性を探ってみますと、低めの回転数から中間域にトルクのピークがあるこのエンジンは、街中での普段使いに心地よく、高回転もそれなりでバランスの取れたタイプです。多くの乗用車がこの特性に当て嵌まるのではないかと思います。

※実際のところは車両重量やギヤ比、排気量に対する気筒数の多少によって印象が異なってくると思います。

ちなみに、エンジンのパワーバンドを「最大トルクが発生する3200rpmから最高出力が発生する6400rpmまで」の3200rpmとしたときの、最高回転数に対するパワーバンドの割合は50.0%となります。※右記(下記?)簡易性能曲線図オレンジ色の帯域

さて、車の速さを知るための指標としてよく使われる パワーウェイトレシオ14.06kg/PS(900kg/64PS)となっていますが、巷でよく見るであろうこの数値の多くはドライバーが乗った状態でのものではなく、あくまでも車両重量と最高出力のみで計算したものです。

車重と搭乗者とPWR
車体のみ14.06kg/PS
車体+1人14.92kg/PS
車体+4人17.50kg/PS
お腹と車重とPWR
車体+60kg15.00kg/PS
車体+70kg15.16kg/PS
車体+80kg15.31kg/PS
車体+90kg15.47kg/PS
車体+100kg15.62kg/PS

というわけで、車両総重量の求め方に倣い人間の体重55kgを加えて計算し直してみますと、ドライバーのみが搭乗したときのパワーウェイトレシオは14.92kg/PS(955kg/64PS)となり、数値としては0.86kgほど悪化します。

次に乗車定員いっぱいの4人が搭乗した場合、車両重量に220kgがプラスされてパワーウェイトレシオは17.50kg/PS(1120kg/64PS)となり、3.44kgも悪化することになります。

もともとが重量級の車であれば、人が少々乗ったところで体重の占める割合が小さいことから変化も小さいですが、軽量級の車ではお腹まわりのお肉が大きな影響力を持つことがわかります。

いろいろな数値
WB/TR比 1.91
平均ピストンスピード 15.0m/s
トルクウェイトレシオ 95.7kg/kgm
1馬力あたりのお値段 27253円
排気量1Lあたり馬力 97.3PS/L
排気量1Lあたりトルク 14.29kgm/L
1気筒あたりの馬力 21.3PS
1気筒あたりのトルク 3.1kgm
パワーバンド比率 50.0%
各種ランキング
軽自動車のP/Wレシオ(ターボ)

トルクウェイトレシオは95.7kg/kgm(900kg/9.4kgm)なのですが、トルクについてはギヤ比でどうにでもなりますので、ここでの大小はあまり重要ではありません。(詳しくはギヤ比編にて)

ついでに馬力単価を計算してみると、お値段が1744200円、最高出力が64馬力であるこの車の場合、1馬力あたりのお値段は27253円、逆に1万円あたりでは0.37馬力を得ることができます。ついでのついででトルク1kgmあたりのお値段は185553円、1万円あたりでは0.05kgmとなります。

最高出力を排気量で割ったリッター換算馬力は97.3PS/L、トルクは14.29kgm/L、1気筒あたりの馬力は21.3馬力、トルクは3.1kgmとなり、このエンジンが64馬力を6400回転で発生させているときの平均ピストンスピードは15.0m/sです。
排気量1リットルあたりの馬力ランキング

ちなみに、ストローク量が70.4mmであるKF型エンジンの場合、平均ピストンスピードの上限を20.0m/sとしたときの高回転化の上限は8520回転です。設定されているレブリミットがこの回転数を超えている場合、長年に亘って平均ピストンスピードの目安とされてきた20.0m/sを超えてピストンが往復運動していることになります。レブリミットがこの回転数以下の場合は高回転化してパワーを引き出すチューニングの目安になるかもしれません。
平均ピストンスピードが速い車ランキング

この車のホイールベースを前後トレッドの平均で割って算出されるホイールベーストレッド比は1.91になります。全ての車種の平均値である1.77を基準にざっくりと分類すると、どちらかというと真っ直ぐ進むことを得意とする傾向にある車と言えそうです。
ホイールベーストレッド比が小さい車ランキング


速度と車両重量と運動エネルギー

「スピードを出して事故をすると大変なことになる…!」あるいは「重いとブレーキをかけてもなかなか止まらない…」と感覚的には知っていても、なぜ大変なことになるのか、なぜ止まらないのかは今ひとつピンと来なかったりします。

そこで取り出しましたのが運動エネルギーなるもので、これはある重量の物体がある速度で移動しているとき、どれだけのエネルギーを有しているのかを数値的に知ることができるという代物です。

というわけで、キャスト スポーツの車両重量900kgに1人ぶんの体重55kgを加えた955kgと、4名フル乗車時の1120kgという2つの重量を用意して、40km/hから180km/hまでの速度域で運動エネルギーがどのように変化するのかを調べてみました。

速度1名乗車
955kg
4名乗車
1120kg
40km/h59kJ69kJ+10kJ
60km/h133kJ156kJ+23kJ
80km/h236kJ277kJ+41kJ
100km/h368kJ432kJ+64kJ
120km/h531kJ622kJ+91kJ
140km/h722kJ847kJ+125kJ
180km/h1194kJ1400kJ+206kJ

たとえば1名乗車で40km/h走行しているときの運動エネルギーは59kJ、4名乗車では69kJとなり、その差は10kJ、倍率にすれば1.2倍ほどの増加でびっくりするほどではありません。

が、速度が倍の80km/hになると1名乗車でも236kJ、4名乗車では41kJ増加して277kJにもなり、重量から見れば1.2倍のままなれど、40km/hでの運動エネルギーと比べると4.0倍も増加しています。

これが180km/hになると1名乗車で1194kJ、4名乗車では206kJ増加して1400kJにもなり、80km/hと比べても5.1倍、40km/hと比べると20.2倍ものとんでもない運動エネルギーを有していることがわかります。

さて、速度が同じなら重いほうが運動エネルギーは大きくなることがわかりましたので、続いては運動エネルギーを368000Jとした場合に、重量の異なる自動車では時速何kmに相当するのかを調べてみます。

重量368kJ
速度
100キロ
[kJ]
400kg154km/h154kJ-214kJ
700kg117km/h270kJ-98kJ
955kg100km/h368kJ
1500kg80km/h579kJ+211kJ
2000kg69km/h772kJ+404kJ
2500kg62km/h965kJ+597kJ
3000kg56km/h1157kJ+789kJ
※100km/h[kJ]は各重量の車両が100km/h走行しているときの運動エネルギー

ここでは車両重量+体重55kgの955kgを基準として、400kg、700kg、1500kg、2000kg、2500kg、3000kgで計算してみました。

考えたくもないことですが、たとえば同じ100km/hで走行する相手と正面衝突する場合、相手が400kgであれば当たり負けすることはなく、その相手が154km/hのとき互角の勝負になります。

逆に相手が3000kgで重い場合、双方が100km/hでは当たり負けして弾き飛ばされますが、相手が56km/hであれば互いに引かぬ真っ向勝負に持ち込める、というような雰囲気です。

いずれにせよ超スピードで事故をすれば衝突安全ボディもなんのその、車は雲散霧消の勢いで大変なことになり、ブレーキローターとブレーキパッドが身を削り、身を粉にして車を止めようにも一筋縄ではいかないことがわかる…ような気がしてきます。


人間様の占有スペース

人間様の占有スペース
室内長×幅×高 3.3m³
1人あたりのスペース 約0.8m³
室内長/全長 59.1%
室内幅/全幅 89.5%
室内高/全高 77.8%
室内容積/車両体積 41.2%

ボディサイズと室内寸法のデータがあるので車両全体に対する人間様の占有スペースを計算してみます。ここでの比率はボンネットが長い車であったり乗車人数の少ない車であったり、バン(貨物車)のように人よりも積載容量を重視している車は小さくなります。

まず室内長、室内幅、室内高を掛けて算出される室内の容積は3.3m³です。この車の乗車定員は4人ですから、単純に室内の容積で割るとフル乗車した際には約0.8m³のスペースが割り当てられることになります。続いて室内長を全長で割って算出される室内長と全長の比率は59.1%、同じく室内幅と全幅の比率は89.5%、同じく室内高と全高の比率は77.8%となりました。また車の形状を無視して単なる立方体として見たときの車両の体積に対する室内の容積の比率は41.2%でした。

室内の広さ・長さランキング
室内長が長い車室内幅が広い車室内高が高い車車内の空間が広い車


車中泊の可能性

車中泊の可能性
期待される荷室の長さ 1.19m
期待される荷室の幅 1.22m
対角線の長さ 1.70m
期待される荷室の面積 1.45m²

ここでは全長の35%を【期待される荷室の長さ】、室内幅から100mm(不明の場合は全幅から400mm)引いたものを【期待される荷室の幅】とし、それらを掛け合わせて【期待される荷室の面積】、「縦の長さが厳しいなら斜めに寝れば良いじゃない!」ということで、おまけ要素として【対角線の長さ】も計算してみました。

縦方向の長さが1.19m(対角線では1.70m)しかないとなると、これはもう常識的に考えてかなり厳しい車中泊を強いられます。運転席あるいは助手席を後ろに倒して寝たほうがまだマシかもしれません。俗に言う体育座りの体勢で横になれば寝られないこともないでしょうが、寝れども寝れども疲れは取れない上に猛烈な腰痛で目を覚ましかねず、実に爽やかな笑顔で「もう二度と車中泊なんてしないよ!」と後日談を語ることになりかねません。

軽自動車の場合、1BOXタイプ以外のものでは計算するまでもなく絶対的な長さが足りていません。前席を後に倒してフルフラット化できるとか、助手席だけでも前に倒せるなら後のスペースと連結して長さを確保できますが、そうでない場合は腰を痛める覚悟で車中泊に臨むことになります。車中泊にあると嬉しいアイテム


燃料タンクと燃費と航続距離と

燃料タンクと燃費と航続距離と
JC08モード燃費 24.6km/L
燃料タンク容量 30L
航続距離(カタログ燃費) 738.0km
航続距離(80%燃費) 591.0km
満タンプライス 4500円
1万円でどこまで行ける? 1640.0km
車両価格/航続距離 2363円/km

JC08モード燃費が24.6km/Lですので、燃料タンクの容量が30リットルですと航続可能距離は738.0kmになります。(カタログ燃費通りに走行できた場合)

実際にはそうもいきませんから、オイル交換やタイヤ空気圧の管理といった定期メンテナンスを確実に実施した上での実燃費をカタログ燃費の90%(22.1km/L)とすると663.0km、80%(19.7km/L)だと591.0km、70%(17.2km/L)では516.0kmという航続距離になります。

燃料タンクに1滴の燃料もないスッカラカンの状態から満タンにしたときの金額を計算してみますと、レギュラーガソリン30リットルの給油で4500円、上で計算した航続距離を踏まえると738.0km(80%燃費時591.0km)を走行するのに4500円かかる計算です。

ついでに1万円の燃料代でどこまで行けるかも計算してみますと、カタログ通りの燃費で走行できれば1640.0km(往復なら片道820.0km)、カタログ値の80%なら1312.0km(片道656.0km)離れたところまで行くことができます。

ちなみに、1回の給油で738.0kmの距離を移動できるLA260S型 キャスト スポーツ [Sport SA-II]という乗り物を、174.4万円で手に入れたと考えたとき、この車が1km走行するにあたっては「2363円の値打ちがある!」と言える、かもしれません。


ギヤ比と回転数と速度と駆動トルクとトルクウェイトレシオのステキな関係

続いてギヤ比を見てみます。あるギヤで走行中にエンジン(正確にはクランクシャフト)をレブリミットまで回したときの速度と、レブリミットでシフトアップした後の回転数を計算するためには、何回転で回転リミッターが働くのかを知らねばなりません。

しかし具体的な数値を知るにはECU(エンジン・コントロール・ユニット)にあるデータを参照しなければならなかったりで実現は厳しく、ならばとレッドゾーンが始まる回転数から推測しようにも、最近ではタコメータが装着されていない車両が多くあって心が折れます。

ピークパワーが発生する回転数(この車の場合6400rpm)から必要以上に回してもあまり意味はないのでそれを上限としても良いのですが、気分よく運転しているときは往々にして回しすぎるのが常ですから、ここでは500回転をプラスした6900回転を仮のレブリミットとして計算してみます。

暫定レブ 6900rpm|タイヤサイズ 165/55R15|タイヤ直径 56.3cm|円周長 176.9cm
ギヤ ギヤ比 総減速比 ステップ比 シフトアップ
後の回転数
6900rpm
の速度
100kmh
の回転数
タイヤの
最大駆動力
1速 3.327 15.97 45.9kmh 15050rpm 533.3kgm
2速 0.628 3.014 0.189 1-2/1300rpm 243.0kmh 2840rpm 100.7kgm
Final 4.800 レシオカバレッジ(変速比幅)5.298
ギヤの繋がりイメージ
LA260S型キャスト スポーツCVT車のギヤ比イメージ
  • ステップ比(歯車比)とは隣接したギヤ同士の離れ具合を示した数値で、1.000に近いほどシフト操作後の回転数の変化が小さく(ギヤ同士の繋がりが良い)、離れるほど変化が大きく(繋がりが悪い)なることを表します。
    シフトアップでは現在の回転数にステップ比を乗じた回転数まで下がり、シフトダウンでは現在の回転数にステップ比を除した回転数まで上がります。
    赤い数字はシフトアップ後にパワーバンドの下限(最大トルク発生回転数3200rpm)を下回るもの。
  • 時速100kmでの回転数は100km/h÷60÷タイヤ円周長×各ギヤ比×ファイナルギヤ比(4.800)で算出。
  • タイヤの最大駆動力は最大トルク(9.4kgm)×各ギヤ比×ファイナルギヤ比(4.800)÷タイヤの有効半径(0.2815m)で算出。
    ただし、ATおよびCVTにあるトルクコンバーターでのトルク増幅効果は考慮できていません。

本来のレブリミットとは異なるので最高速の数値は前後しますが、上記の設定での最高速度は2速ギヤの243.0km(6400rpmでは225.4km/h)となります。CVTは無段変速機というだけあって、変速比を低速側の3.327から高速側の0.628の間で自由自在に可変できる変速機ですから、実際にはちょうどいい塩梅の妥当な回転数にて妥当な最高速に落ち着くものと思われます。

タイヤの最大駆動力にある数値は、エンジンが3200回転で最大トルク9.4kgmを発生しているとき、各々のギヤを介したのち実際にタイヤへと伝えられるトルクで、この数値が大きいほどタイヤを回そうとする力が大きく、より力強い加速をすることができます。

この数値を大きくするにはギヤ比を低く(加速重視・ローギヤード)する、タイヤを小径化する、エンジンの最大トルクを大きくするという方法があります。逆にギヤ比を高く(最高速重視・ハイギヤード)したり、タイヤを大径化したり、デチューンして非力にすると駆動トルクは小さくなって加速が鈍ります。

さて、世の中にはパワーウェイトレシオ(1馬力が担う重量・PWR)に似ているようで少し違うトルクウェイトレシオ(1kgmが担う重量・TWR)という指標があります。単純に車両重量を最大トルクで割れば95.7kg/kgmですから、パワーウェイトレシオ(14.06kg/ps)に比べると霞んで見えます。

しかしトルクはギヤを介することで増幅され、たとえば1速ギヤの場合ですと533.3kgmになります。これを踏まえて改めて車両重量(900kg)を1速ギヤの最大駆動力(533.3kgm)で割ってみると1.69kg/kgmとなり、今度は逆にPWRが霞んで見えるような数値が出てきます。最高出力が発生する6400回転でのトルク(7.2kgm)からTWRを算出すると2.20kg/kgmとなり、3200-6400回転の回転域では1.69-2.20kg/kgmの間で推移することがわかります。

ある速度における各ギヤでの回転数

ギヤ 40
km/h
60
km/h
80
km/h
100
km/h
120
km/h
140
km/h
180
km/h
1速 6020 9030 12040 15050 18050 21060 27080
2速 1140 1700 2270 2840 3410 3980 5110
※赤い数字は暫定レブリミット(6900rpm)を上回るもの。
※CVTの場合はどのようにギヤ比を制御をしているのか想像も付かないので参考値です。

この項目では各々のギヤと速度を基準として、任意のギヤを選択中に時速40km~180kmにて走行するとき、エンジンの回転数がどのくらいになるのかを一覧表にしてみました。この車の場合、最も高いギヤ(0.628)を選択して時速100kmにて走行すると2840回転まで回ります。

ちなみに、一般道の速い流れやバイパスでよくある60km/hでは1700回転、対面通行の高速道路での制限速度70km/hでは1990回転、一般的な高速道路の80km/hでは2270回転、100km/hでは2840回転、制限速度が120km/hになると3410回転、軽自動車の速度リミッターが働く140km/hでは3980回転になります。仮にリミッター解除で180km/hまで出たとすると5110回転まで回ります。

一般的な自動車であれば時速100kmでの巡航回転数は2500回転付近に落ち着くようですが、その中でも若干高めの回転数となっています。標準的なギヤ比の範囲内ながらも静粛性や燃費よりも加速に重きを置いた設定なので、高速道路やバイパスを走行するとき、ふと「もう1段上のギヤがあったらなあ‥」と呟くことがあるかもしれません。

ある回転数における各ギヤでの速度

ギヤ 1000
rpm
2000
rpm
3000
rpm
4000
rpm
5000
rpm
6000
rpm
7000
rpm
8000
rpm
1速 7 13 20 27 33 40 47 53
2速 35 70 106 141 176 211 246 282

この項目では各々のギヤとエンジンの回転数を基準として、任意のギヤを選択中にエンジンを1000回転刻みで8000回転まで回したとき、それぞれのギヤでどのくらいの速度が出ているのかを一覧表にしてみました。暫定レブリミット(6900回転)よりも回転数が高くなる欄の速度については赤文字で表記してあります。


純正装着タイヤの165/55R15と互換可能な車検対応サイズ|簡易版

下の表では純正サイズを基準としてタイヤ幅を-20mmから+20mm、扁平率を-5%から+5%まで変化させたときのスピードメータ誤差が、マイナス方向を水色、-5.0%から+2.0%までを緑色、+6.0%までを橙色に着色しています。

※ここではタイヤの直径(外径)のみを基準としています。タイヤの幅を広くしすぎてサスペンションと干渉したり、はみ出てしまって車検に通らないからとフェンダーを叩いたり引っ張ったりキャンバーを付けたりで四苦八苦、ホイール幅が狭すぎてなんかイマイチ…という事例もありますので、ホイールのオフセットとリム幅にはご注意ください。

純正タイヤ 165/55R15 | 直径 563mm

-20mm
幅145mm
-10mm
幅155mm
変更なし
幅165mm
+10mm
幅175mm
+20mm
幅185mm
-5%
50
扁平
145/50R15
37.4km/h
直径526mm
径差-37mm
155/50R15
38.1km/h
直径536mm
径差-27mm
165/50R15
38.8km/h
直径546mm
径差-17mm
175/50R15
39.5km/h
直径556mm
径差-7mm
185/50R15
40.2km/h
直径566mm
径差+3mm
0%
55
扁平
145/55R15
38.4km/h
直径541mm
径差-22mm
155/55R15
39.2km/h
直径552mm
径差-11mm
165/55R15
40.0km/h
563mm
0mm
175/55R15
40.8km/h
直径574mm
径差+11mm
185/55R15
41.6km/h
直径585mm
径差+22mm
+5%
60
扁平
145/60R15
39.4km/h
直径555mm
径差-8mm
155/60R15
40.3km/h
直径567mm
径差+4mm
165/60R15
41.1km/h
直径579mm
径差+16mm
175/60R15
42.0km/h
直径591mm
径差+28mm
185/60R15
42.8km/h
直径603mm
径差+40mm
+10%
65
扁平
145/65R15
40.5km/h
直径570mm
径差+7mm
155/65R15
41.4km/h
直径583mm
径差+20mm
165/65R15
42.3km/h
直径596mm
径差+33mm
175/65R15
43.3km/h
直径609mm
径差+46mm
185/65R15
44.2km/h
直径622mm
径差+59mm

もし上記表の中から車検に安心なタイヤを選ぶのであれば、メーター誤差が-5.0%から0%の間にあって車高への影響も少ない 、145/55R15、145/60R15 、155/50R15、155/55R15 、165/50R15 、175/50R15 あたりのタイヤがおすすめです。

165/55R15のタイヤ幅を145mmから195mmまで、扁平率を40%から70%までの範囲に拡大した適合タイヤの一覧表および、100km/h回転数、加速力と最高速の変化、走行距離計の誤差による実燃費とのズレについては、165/55R15の適応サイズと性能の変化 [LA260S型キャスト スポーツ編]のページをご覧ください。

純正のホイールサイズから大径化したり、幅の広いタイヤ、扁平率の低いタイヤに交換しようとするとタイヤ代が高くなる傾向にありますので、少しでも維持費を抑えたい、今はお財布の中身が心許ないといった際にはオートウェイのタイヤ通販をご検討くださいませ。


LA260S型キャスト スポーツ[0.66Lターボ 4WD/CVT]の得点(簡易版)

ここではこのページを締めくくる集大成として、パワーウェイトレシオや1速ギヤでの加速性能、排気量1Lあたりの出力、ホイールベーストレッド比からなるスポーツ性能部門と、時速100kmでの巡航回転数、燃費、車体の大きさ、室内の広さからなるユーティリティ部門とに大別し、このサイトで登録している全車種の平均値から偏差値を求めて優劣を調べてみたいと思います。

スポーツ性能部門
評価項目数値得点
パワーウェイト14.06kg/ps37.00
1速ギヤ加速性能1.69kg/kgm47.73
1L換算馬力97.3ps/L48.91
1L換算トルク14.29kgm/L46.63
WB/TR比1.9135.63
ワイド&ロー指数1.08534.96
前面の面積2.360m²56.28
最低地上高145mm53.48
スポーツ性能部門の得点360.62

※ここではパワーウェイトレシオ・1速ギヤ加速性能・ホイールベーストレッド比・ワイド&ロー指数・前面の面積については数値が小さいほど高得点。リッター換算馬力・換算トルクについては数値が大きいほど高得点としています。


ユーティリティ部門
評価項目数値得点
JC08燃費24.6km/L62.29
年間維持費156595円66.17
100kmh回転数2840rpm45.64
航続距離738.0km51.95
車の大きさ8.012m³36.19
室内の広さ3.295m³49.39
最小回転半径4.7m60.00
馬力単価27253円41.00
ユーティリティ部門の得点412.63

※ここでは燃費・航続距離・車の大きさ・室内の広さは数値が大きいほど高得点、年間維持費・100km/h回転数・最小回転半径・馬力単価は数値が小さいほど高得点としています。

スポーツ性能部門およびユーティリティ部門の得点を合計した LA260S型キャスト スポーツ[0.66Lターボ 4WD/CVT] の総合得点は 773.25 点です。獲得点数が多い車種から順番に並べた 総合得点ランキング を用意してありますので、よろしければご覧ください。

上記リンク先では、今回このページで紹介したLA260S型キャスト スポーツ(4WD/CVT) の各種スペックを、「全ての車種」、「全てのトールワゴン」、「軽自動車のトールワゴン」という属性で評価したとき、それぞれの項目が相対的にどのくらい優れているか、劣っているかを調べてみました。基準が変わると手のひらを返したように評価も変わる様子をご堪能ください。投稿日:2015/10/30|更新日:2018/02/09


コメントは停止中です。